オビ・キャップの夢

着物を着る時に欠かせないものに、帯があります。男の場合ふつう角帯を締める。浴衣一枚にも帯がなくては文字通り、「締まりません」。

ことに美しいものに、女帯があります。古来、日本人が「帯の美」にどれほどの想い籠めてきたか、想像を絶っするほどでしょう。

「帯の美」は、羽織と関係があるんだそうです。昔は、女には羽織が許されなかった。それで自然に、帯が絢爛たる美しさとして発展したのでしょう。

今、ゆっくりと日本服から西洋服へと興味が移っています。それは蚤の市などをのぞくと、すぐには分かります。見事な帯が山積みになって売られています。つい、「もったいない」と思ってしまいます。

帯は精緻この上もない日本文化です。帯は豪華で、したたかな絹地はありません。美しく、強い。

アンティークの帯を使って、キャップはどうでしょう。「オビ・キャップ」。シルクの帽子なんて素敵ではありませんか。「和柄」でもあり、日本人としての誇りでもあるでしょう。