アルプス・ハットの物語 #021

「アルプス・ハット」は造語です。そんな名前の帽子はありません。

もっとも「アルペン・ハット」 alpen hat というのはあります。
アルペン・ハットは、「チロリアン・ハット」のこと。

そしてアルペン・ハットと、「アルプス・ハット」はまた、別のものです。

アルプス・ハットは、「アルプスの空気を運んでくれる帽子」の意味なのです。
フレッシュ・エアー・ハットとも言えるでしょう。

アルプス・ハットもまた二重構造の帽子で、この空間の中に、超小型、超高性能の酸素発生器が仕込まれているものです。
まるでアルプス山頂のようなきれいな空気を創る。
創られた空気はスイッチを入れることによって、ブリムの裏から吹き出してくるのです。

都会の雑踏を歩く時には最適のものでしょう。
美しい空気は美しい血液を作ってくれます。
美しい血液は健康な身体を作ってくれます。

ということは、「元気帽子」でもあります。
「長寿帽子」でもあります。

しかもアルプス・ハットは見たところごくふつうの帽子ですから、
いつでも気楽に被ることができます。

楽々と被って、楽々と健康になれる帽子なのです。