ピーカーブー・キャップの物語 #029

「ピーカーブー」という遊びがあります。

日本の「イナイイナイバー」によく似ています。
遊びともいえないくらいの、他愛ないお遊びです。

「ピーカーブー」 peekaboo 。

直訳すれば「見えたり、見えなかったり」でしょうか。

ところがファッションでも、時にこの「ピーカーブー」の言葉が使われることがあるのです。

たとえばニットでも。
リブ・ニットがあったとして。
黒いリブの奥に赤のリブがあったとする。
と、身体の動きによって、下側の赤いリブがのぞいたり。
また隠れたり。

これも「ピーカーブー」と呼ぶのです。

仮にブルーとグリーンの生地があったとして、ブルーのプリーツの下に、グリーンの布地。
これが細長く並んでいる。
これで一枚天井のキャップを仕上げると、ブルーの奥からチラリチラリとグリーンが見える。

見えるかと思えば、隠れる。

まさに「イナイイナイバー」ではありませんか。

つまり、「ピーカーブー・キャップ」というわけです。