インディ・ハットの伝説 #045

こでの「インディ」は、インディ·ジョーンズ·ハットのことです。

1981年のアメリカ映画『レイダース 失われたアーク』の中で、主人公のインディが被っていた帽子のことです。
もちろん、ハリソン·フォードが、考古学者のインディアナ·ジョーンズを演じるわけです。
監督は、スティーヴン·スピルバーグ。

インディアナ·ジョーンズは考古学者であると同時に、結果として探検家にもなる。

しかも時代背景は1930年代のことですから、帽子は不可欠でしょう。
考古学者にも、探検家にもふさわしい帽子ということになります。

あの「インディ·ハット」を実際に作ったのは、ロンドンの老舗、「ハーバート·ジョンソン」だと伝えられています。
なぜなら、『レイダース 失われたアーク』は多く英国で撮影されているから。
映画はアメリカ製、帽子はイギリス製だったわけです。

「インディ·ハット」は、数多く作られた。
というのは動きの激しい映画でもあって、風で谷底に落ちてしまったりしたからです。

「インディ·ハット」はフェルト製ですが、キャンバス地やデニムの帽子があっても良いのではないでしょうか。