グログラン・ハットの物語 #044

グログランはよく帽子に使われる素材です。

ソフト·ハットにはたいてい「ハット·バンド」が付きます。
あのハット·バンドの多くが、グログランなのです。
はっきりとした畝織りで、張りのある生地。

ハット·バンド以外では、昔の淑女のイヴニング·ドレスなどが作られたものです。

グログランは生地であり、またリボンでもあります。
それだけ多くの用途があるのでしょう。
たとえばグログラン·テープなら、服のトリミングなどにも使うことができるわけです。

あのグログラン·テープで、帽子を作ってみましょう。

ごく乱暴に言えば、グログラン·テープをくるくると巻いていけば、なんとなく帽子の形になるではありませんか。
構造としては一枚のグログランですから、軽い。
軽くて、皺にもなりにくい。

黒いグログラン·テープを少しづつ重ねるように巻いていけば、ソフト帽風にもなるでしょう。
また、グログラン·テープはなにも黒と限ったわけではありません。
赤、青、緑……。いろんな色のテープがあります。
これらに色とりどりのテープを重ねることで、ストライプ状のハットにも仕上げることができます。

ソフト·ハットからすれば、グログランはいわば副素材で、
その副素材から新しい帽子が生まれるなんて、素敵なことではありませんか。