ネルソン・ハットの伝説 #074

昔むかしの話ではありますが。

1880年頃のこと。
今からざっと140年くらい前の時代。

場所は、英国のロンドンであります。
ロンドンのほぼ中心、セント・ジェイムズ・ストリート。

ある立派な紳士がここを歩いていて、一軒の帽子屋を見つけて、入る。

そして、言った。

「コックド・ハットを作ってもらいたい」

コックド・ハット cocked hat は、「大礼帽」のこと。
大礼服を着た時にかぶる帽子なので、大礼帽。

ナポレオン帽にも似ています。
つまりは「二角帽」であり、「ビコルヌ」でもあります。
このビコルヌに、絢爛たる金糸の刺繍を施した帽子が、コックド・ハットなのです。

とにかく紳士はセント・ジェイムズの帽子店で、大礼帽を注文。
そして出来上がってみると、たいへん具合がよろしい。

「うーん。これは気に入った!」

その紳士の片目は義眼だったので。
その義眼がさりげなく隠れるスタイルだったから。

紳士の名前は、ホレイショ・ネルソン。
あのネルソン提督だったのです。

そして作った帽子屋の名前が、「ロック」。

今もセント・ジェイムズにある老舗、ロック帽子店だったわけです。