ワケありな国、ベネズエラ

ベネズエラは貧乏旅行者の僕が唯一、王様になった国です。

なぜなら、世界一物価が安いから!!(僕が知る限り)

高級レストランで飲み食いしても、たったの240円

個室の宿も1泊240円

ベネズエラは自然が有名で、観光スポットはたくさんあるけど

素敵な街と出会ってから、そこで1ヶ月間の生活が始まりました。

旅人用語でいうと、「沈没」ってやつですね笑

理由は、、、物価だけじゃない!

 

Exif_JPEG_PICTURE

アミーゴ!毎日一緒に遊んでました

11951354_10204846255984739_8544411002031882811_n

大自然!山頂に温泉、、、天国

11217543_10204846297985789_3792493793174713330_n

美女めっちゃ多い! 左のセニョリータはモデルさん

 

浮いた話ばかりじゃなくて、たまには真面目な話を少し。

ここベネズエラの経済は最悪です。

世界トップの産油量を誇る国なのに、深刻な物資不足
特にトイレットペーパーや食用油、薬、ミルク、歯磨き粉、ほか日用品が探しても見つからない。
銀行、スーパーの大行列は日常の光景になってて
買物も品物によっては、「ひとり何個まで」と制限されている。
11990460_10204846213463676_3165907706190343898_n11988355_10204846266905012_7315139529049170729_n
おまけに60%以上の超インフレで、物があっても買えない人もたくさんいる。

 

どうしてそうなってしまったのか

すごく簡単にいうと、前チャベス大統領を機に反米社会主義国家になって政策が変わり

おまけに原油価格が暴落したから。

輸出のほとんどを石油に頼っているベネズエラは収入を失ってしまい、外貨が手に入らない、輸入物資も買えない、国内産業はずさんな国有化で廃業
ベネズエラ通貨の価値が下がって、外貨の価値が闇レートで100倍以上。
だから、外貨を持ってる外国人にとっては、世界一物価が安い国なんです。

デフォルト寸前。。。

 

つい数年前まで石油で潤っていた国なのに、一気に貧しくなってしまい
国民の不満は爆発して、汚職・暴動・犯罪勃発
治安はどんどん悪化して、ついに首都カラカスは殺人件数が世界ナンバーワン。。。。
これは1年以上前の情報です。今は更に悪化してるので、ベネズエラへの旅行はオススメしません。

でも

情勢が悪いのは事実だけど、ほとんどの人はめっちゃくちゃ優しいです。

11226007_10204846253464676_8237943495992478328_n

このオッサン、自称ガイドのくせに「俺の写真を撮ってくれ~!」って、何度も撮らされました。

そしてガイド持参のテントは使い物にならず、キャンプは男ふたり抱き合って寒い夜を耐え抜きました。。。。なんで。

後々わかったのは、このオッサンただの物乞い。

 

IMG_2272

手作りアクセサリーを路上で売るヒッピー

ダメージキャップがめちゃくちゃ似合ってます。

恐らく、リアルダメージです!笑

 

そんな帽子、あります!!!

hsz  xz

Retro Cap ¥4,500→20%OFFプライス¥3,600(税抜)

こちらの帽子、RETRO BRAND(レトロブランド)は、1962年にアメリカ・ロサンゼルスで創業

マイナーリーグやカレッジ等で使われていた昔のロゴ等を復活させて、ヴィンテージ風に仕上げたTシャツが人気の老舗ブランドです。

メッシュの部分がものすごく柔らかくて被りやすいです。

これから春先に向けて活躍間違いなしのメッシュキャップ

SALEでお買い得の今、いかがでしょうか!?