前日ブログでご紹介しました、REINHARD PLANK。

本日は同ブランドの特徴の一つでもある、変幻自在なシルエットについて

ご紹介します。

REINHARD PLANKの帽子は、一点一点ハンドメイドにこだわり、同じ型でも風合いが違います。また経過とともに頭に馴染み、自分だけの帽子とも言えます。

そういったオリジナリティを作り出していく中に、大きく関わっていくのが帽子のシルエット。

使用感や経年変化を楽しめるのと同時に、形を変えてしまうことも可能です。

 

今、私が愛用している帽子はこちら。

LAILA OPEN STRAW PARA

1604125

色ムラがあり、ブリム端は焼いてボロボロになっています。

このままでも、加工感たっぷりの格好良いアイテムですが、オリジナリティを出すなら、手を加えましょう。

16041231604124

クラウン部分をグシャッと潰したり、折り目を付けたり。

フラットだったブリムも歪ませ、ボロついた端もあえて逆立てて更にボロボロに・・・。

そうしますと

1604127

ちょっとやり過ぎたかな・・・。

しかし、やり過ぎくらいが丁度良いです。

クタッとしたシルエットが、モードかつラフな印象を与えます。

元の状態と比べてみましょう。

1604126

かなり変わりましたね。

befor

1604121

after

1604122

個人的にはクラウンが高いシルエットが苦手なので思い切ってクラウンを低くしました。

同じアイテムとは思えないくらい、だいぶ印象が変わったと思います。

最初はそのままの形を楽しんで、しばらくしたら形を変えて・・・という楽しみ方もアリですね。

 

REINHARD PLANK 変形講座、いかがでしたか?

実際に触ってみたい!というお客様には、私のこのハットを使って実践してください。

更に多くのお客様に、REINHARD PLANKを知っていただきたいと思っております。

スタッフ一同、皆様のご来店、心よりお待ちしております。

【override 明治通り店】
〒150-0001 東京都 渋谷区 神宮前 6-29-3
TEL:03-5467-0047 営業時間:11:00-20:00