レッド・レザー・キャップの伝説 #159

少しむかしの話をさせて下さい。
今から30年くらい前のことです。
私は自分の、「レッド・レザー・キャップ」をつくってもらったことがあります。

どうしてまた、レッド・レザー・キャップが欲しいと思ったのか。
その頃ちょうど、赤い革の上着が気に入っていたから。
でも、レッド・レザー・ジャケットに合わせる帽子がなかなか難しい。

それで、まことに単純な考えなんですが、「レッド・レザー・キャップ」に思い至ったのであります。
それは八つはぎのハンチングで、小さなヴァイザーが前に付いていました。

銀座の「トラヤ帽子店」にお願いしてつくって頂いたものです。
それが、なんと、好評だったのです。

それというのも、「還暦」の贈り物にぴったりだ、と。
還暦は、生まれた年に還るという意味なんだそうです。それで、赤い頭巾をかぶったり。
でも、赤い頭巾は、後々出番がない。
それに較べると、レッド・レザー・キャップなら、出番がある、ということだったようですね。

だいぶ赤の色も褪せましたが、レッド・レザー・キャップ、今でも時にかぶることがあります。