こんにちは!

overrideルミネ池袋店です :)

前回前々回と引き続きご紹介してきた帽子のお手入れ方法ですが、

最終回となる第3回目は帽子の保管方法についてご紹介します。

~ベレー帽・キャスケット・ハンチング・キャップ~

型崩れ防止のために、薄紙や乾いたタオルを丸めて中に詰める。

平置きで保管すると型崩れの心配なく保管できます◎

重いものの下敷きになってしまうと、型崩れのやシワの原因になってしまうので棚や引き出しの底にしまわないよう気をつけてください!

特に麻を原料に使ってるものはシワになりやすいので注意が必要です。

~ハット~

平置きで高さのある厚紙を筒状にしてツバが上向きになるよう逆さまにして筒にはめる。

同じ筒に3つまでなら同時に保管することができますよ◎

複数の帽子を同じ筒に保管する際は頭周りのサイズが大きいものから順に被せるようにしてください!

サイズが小さいものを下にして大きいものを上に被せてしまうとクラウンが圧迫され型崩れの原因となってしまいます。

また、天然草のものは衝撃や圧力で割れやすいので落としたり、狭い場所に無理やり詰め込まないよう気をつけて保管をして下さい!

筒にはめたり、平置きで保管するのが難しい場合は、S字フック等に引っ掛けて吊るして保管しても◎

クリップや洗濯バサミでツバを挟んで吊るすやり方はつばの変形の原因となってしまうのでこのやり方での収納はおすすめできません…

ツバが短いハットやキャップやキャスケット、ハンチングなんかは帽子用ハンガーなんかに掛けると場所をとらずに保管ができますよ。

ただ、むき出しの状態での保管はホコリを被ってしまうので、帽子箱に入れての保管がおすすめです。

BA13CE50-874D-4F94-8BCA-078325629461

192D1E6F-70CB-4B83-8520-E3FCE65E28CC

品番:800-121511

arth HAT BOX M 六角

¥2,400+tax

丸い形ではなく、六角形の珍しいハットボックス。

角があるので微妙な隙間でもぴったりはまってくれます。

高さは約24cmで、クラウンが出でしまう…なんて心配なし◎

横は約35cmあるので少しツバの広い帽子もしっかり収納してくれます。

蓋の中央にはarthのシンボルであるジャッカロープが箔押しされています!

帽子はどの形・素材においても共通していることは、直射日光や湿気、水気に弱いということです。

なので保管の際は、直射日光の当たらないクローゼットで除湿剤と一緒に保管しておくと劣化も少なく保管することが出来ますよ。

壁に掛けて保管する場合は、水まわりは避け、直射日光が当たらないようなるべく窓から離れたところに置くと◎

むき出しの状態はホコリを被りやすいのでこまめにブラッシングしてあげてくださいね。

ホコリが被ったままの状態で放置してしまうと、帽子の繊維に見えない塵やホコリが入り込んでしまい、帽子の繊維の通気性を妨げてしまいます。

その結果、帽子のハリ感や生地の弾力が失われ、帽子自体がくたびれてしまう原因に…

保管方法にさえ気をつけていれば来シーズンも綺麗な状態で帽子が被れちゃいます。

ただ、保管する前に汚れをしっかり落とすのを忘れないようにしてくださいね。

overrideのホームページでもお手入れや保管について詳しく説明しているのでこちらもぜひ参考にしてみて下さい!

Q&A about hats and caps -お手入れ・保管編-

1ページにお手入れから保管方法まで簡潔にまとめられています!

さくっと確認できるのでとりあえずお手入れ方法を見直したい!という方におすすめです。

【Dress up Men掲載】帽子メーカーから学ぶ帽子のお手入れ方法

動画で洗い方の手順を紹介しているのでとてもわかりやすいです◎

文字だけだとイマイチ手順がわかりづらい…なんて方におすすめです。

本日も皆様のご来店心よりお待ち致しております。

【override instagram】
https://www.instagram.com/override_official/

override 池袋

〒171-0021

東京都豊島区西池袋1-11-1ルミネ池袋2F

TEL.03-5927-8335

営業時間

平日:11:00-21:30

土日・祝:11:00-21:00