人気ヘアスタイリストshucoさんに聞く!ナイトキャップの被り方・髪のお悩みQ&A|OVERRIDE
Journal

- Beauty

人気ヘアスタイリストshucoさんに聞く!ナイトキャップの被り方・髪のお悩みQ&A

人気ヘアスタイリストshucoさんに聞く!ナイトキャップの被り方・髪のお悩みQ&A

今オーバーライドで最も話題を集めているのが、9/9(水)にオンラインストアで先行発売した、人気ヘアスタイリストshucoさん監修のナイトキャップ。既にお客さまやスタッフからラブコールが届いています。

shuco(しゅうこ)
ヘアスタイリスト、毛髪診断士、メゾン アミュトレッセ代表
都内ヘアサロンでの勤務を経て渡仏。ヨーロッパ各国でモード誌やコレクションでヘアを手がける。帰国後もさまざまなファッション誌や広告など、幅広く活動する。毛髪診断士としても取材を受けるなど、髪を軸に活動を広げる。2020年12月にはアクセサリーブランド「TRESSE(トレス)」をローンチ。
https://www.instagram.com/shucohair/

(関連記事)セルフケアシリーズ「MINAMO」スタート!第1弾はヘアスタイリストshucoさん監修のナイトキャップ

そこで今回は、雑誌や美容メディアに引っ張りだこのshucoさんをゲストにお招きして、ナイトキャップのことから、オーバーライド公式Instagramで事前に募集した髪のお悩みの解決法、shucoさんの愛用ヘアケアグッズまで、根掘り葉掘り!貴重なアンサーの数々をお届けします。

●目次
今回監修のナイトキャップについて
 shucoさんのこだわりや想い
 ナイトキャップの被り方は?
教えてshucoさん!髪のお悩みQ&A
番外編:オーバーライドがAnswer!髪型&帽子の組み合わせQ&A
知りたい♡shucoさんが実際に使っているアイテム

今回監修のナイトキャップについて

shucoさんのこだわりや想い

ナイトキャップは、寝るときに髪をダメージから守って傷まないようにしたり、艶を出したり、まとまりを良くすることが大前提だけど、出来ればもう少し欲張りたい。簡単なものがいいし、出かけるときも被れたら…そんな女性の“欲張りポイント”を押さえた、「時短できて、高品質で、おしゃれ」なナイトキャップに仕上がったと思います。

最初オーバーライドさんからお話があったときに、いわゆる帽子型のシルクナイトキャップというよりは、よく黒人の女性が寝るときに巻くスカーフのようなものをイメージしていました。ねじれや結び目のあるデザインで、巻き物っぽい印象にしたかったんです。出かけるときもお洋服にあわせてお洒落を楽しめるのがいいな、と思っていました。自分でスカーフを巻くのが難しくて苦手という人も、これなら簡単に仕上がるのでトライしやすいかと思います。

こだわったのは、寝ているときに外れにくいところ。ナイトキャップって、起きたら外れてしまっているものが多かったんです。理由は、今までサイズを調整できるものがあまりなかったから。このナイトキャップは2型どちらもリボンを絞って自分の頭のサイズに合わせられるようになっています。

内側には、髪に優しいシルク100%の生地を使用しています。保湿力があって、摩擦による静電気が起きにくいシルクのナイトキャップは、寝る時の枕の擦れや寝ぐせ、乾燥が気になる人におすすめ。ご自宅で洗えるのもポイントです。

ナイトキャップの被り方は?

ショート〜ボブヘアをやさしく包み込む
MINAMO NIGHTCAP RIBBON

OVERRIDE MINAMO NIGHTCAP RIBBON
No.817-890502 ¥9,900(税込)
オンラインストアで見る>>

被り方は、とても簡単。上からぽんっと被って、後ろの髪を中に詰め込みます。

私のようなロングヘアなら、ねじって折り畳むように収納するとスムーズです。前髪は出しても入れてもOK。

最後にリボンを絞って、サイズを合わせて結べば完成!リボンの先を出したり入れたり、アレンジを楽しめます。

ロングヘアもきれいに包み込む
MINAMO NIGHTCAP LONG

OVERRIDE MINAMO NIGHTCAP LONG
No.817-890503 ¥11,000(税込)
オンラインストアで見る>>

広げると筒になっています。くしゅくしゅと縮め、巾着状になった部分を上にして被ります。

ヘアバンドのように額まで上げて固定したら、縮めていた布を伸ばして髪全体を包み込みます。

先端の紐を巾着袋のように絞って、先端を額の方へ折りたたみます。

両サイドのリボンを結んで固定したら完成です。

RIBBONとLONG、どちらも結び方やちょっとしたアレンジで印象が変えられますよ。

教えてshucoさん!
髪のお悩みQ&A

Q1.ハリ・コシ・薄毛・抜け毛対策、何から始めればいいですか?

A.体全体に栄養を行き渡らせて、頭皮環境を整えましょう

お悩みの内容によってアプローチ方法はそれぞれ変わってきますが、頭皮環境を良くすることが第一です。髪も爪も、生きるためのものというよりも、既に死んでいる細胞なので栄養が回ってくるのは最後。体に栄養が行き渡らないと髪や爪には残念ながら届かないのです。なので毎日お風呂に入る、血行を良くする、栄養をしっかり摂る、寝る!という、基本的なことがとても大切になってきます。私は、亜鉛、ビオチンなどのサプリも飲んでいます。腸活もおすすめです。週に一度、クレンジングやマッサージなどのスペシャルケアをするのもいいですよ。

shucoさんおすすめヘアケアグッズは後ほどご紹介!

ハリ・コシなどのボリュームの問題なら、専用のシャンプーやトリートメントやスタイリングの工夫だけでもだいぶ変わるので、ぜひ試してみてください。

Q2.軟毛で、帽子を脱ぐと髪がペチャっとなります。

A.ドライシャンプーを活用して

圧がかかったり汗をかいたりするので、帽子を被っている間にもボリュームをキープしておくというのは難しいですが、脱いだときにボリュームを戻してあげる、というのはどうでしょう?帽子を脱いだ後のお手洗いなど、お直しが出来るタイミングで、ドライシャンプーを使うのがおすすめです。粉末や液体などいろいろなタイプがありますが、どれも根本にサッとつけてあげるだけですっきりとするし、立ち上がってボリュームが出やすくなりますよ。ちなみに、被る前にはつけなくてOK。必要以上につけすぎると、バサバサになってしまうので、要注意です。

Q3.パサパサ、うねり、切れ毛、艶がない、硬くなった…など、髪質のお悩みにおすすめのケア用品&内側からのアプローチはありますか?

A.シャンプー・トリートメント・ブローは鉄板アプローチ

ダメージヘアならば、専用のシャンプートリートメントを使うことや、プロにトリートメントをしてもらうのがおすすめです。あとは、ブローの仕方でも見栄えがだいぶ変わります。熱を与えてから冷風で冷やしてあげれば、キューティクルがしまって、それだけでも割と艶やかに。湿気も入りづらくなって、うねりが出にくく、いい状態をキープしやすくなります。

Q4.頭皮のトラブルについて、簡単なケア方法はありますか?

A.週に1回のクレンジングがおすすめ

もし炎症などが起きている場合は、早めに皮膚科で診てもらうのがいちばん。油分が多くてベタベタするなら、週に一度クレンジングをきちんとしてあげるだけでも、全然違います。ぜひ、続けて改善を。ニオイが気になるなら、雑菌が繁殖している可能性があるので、髪の毛を濡れたままにせず、しっかり乾かしてあげることも大切。さらに頭皮環境を改善するためにも、クレンジングで綺麗になったところにローションなどで栄養を入れてあげると、圧倒的に効きが良くなります。クレンジングはオイル、塩、クレイなど、たくさんの種類が出ているのでぜひチェックしてみてください。

shucoさんおすすめクレンジングも後ほどご紹介します。

Q5.髪が思うようにまとまりません!助けて!

A.ナイトキャップを試してみるといいかも!

乾燥毛でまとまらない人や、短い前髪が立ってきてしまう人なんかは、ぜひナイトキャップを試してみてください。LONGタイプは筒状になっていて、髪全体がシルク生地の中にきれいに収まるから、ロングの乾燥毛などでも艶とまとまりが出やすくなります。

短い前髪が立ってしまう場合は、ナイトキャップで押さえつけて癖をつけてあげると解決するかも。このナイトキャップなら頭頂部のボリュームをつぶさずに、前髪だけ押さえられます。髪が濡れたままだと、キューティクルが開いて摩擦に弱い状態なので、ドライヤーで完全に乾かしてから使うのがポイント。

Q6.帽子を被るときの前髪に、おすすめのスタイリング剤は?

A.スタイルによって使い分けて!つけすぎないのが肝

例えば前髪が短いなら、ウエットにしてワックスで束感出すのもいいし、鼻あたりまで長さがあるなら、スプレーで動きを出すだけでもいいと思う。その人それぞれのスタイルがあるし、ノールールです。ただ、つけすぎない方がいいですね。髪全体に付けて手に残った分を前髪につけるくらいのイメージがベストだと思います。つけすぎるとベタッとしてしまって、戻すのも大変。スプレーも、内側からふわっとつけるくらい。

Q7.ヘアバンドするときの髪型が決まりません。コツはありますか?

A.顔周りにニュアンスがあると、決まりやすいです

これも、人によって変わってくるとは思いますが、ダウンスタイルでもいいし、お団子でも、まとめてもかわいいと思います。もし顔周りに動きが出せるくらいの長さなら、もみ上げや前髪を後れ毛のようにちょっとだけ出すと、いいかもしれません。スプレーをつけて、くしゃっと手で動かせばニュアンスのある動きが出るので、お洒落に決まりやすいですよ。

番外編
\オーバーライドがAnswer/
髪型&帽子の組み合わせQ&A

・オン眉でもかわいく帽子被れますか?

もちろんです!例えばベレーだとレトロでかわいい感じに、バケットハットを浅目に被るとモード感も漂います。被る深さで印象を変えられるので、いろいろ楽しんでください!

・パッツン前髪×深めの帽子の被り方は?

つばが短いものなら顔に影がかかりにくいので、表情を隠してしまうこともなく前髪との相性がいいですよ。マリンキャスケットなどが◎。印象が暗くなってしまうときは、前髪を全部入れてしまうのもあり。

・ショートヘアにおすすめの帽子は?

基本的には、なんでも似合うと思います!顔周りの毛や襟足など毛先が見えるものは、バランスが取りやすいですよ。ベレーやキャップ、つばが短めのバケットなどはいかがでしょう。

・ロングヘアでベレー帽を被るときにおすすめの巻き方は?

べレーを被ってもボリュームが出るくらい、パーマのような感じで強めに巻いて、もふっと崩してあげるとかわいいです。ゆる〜くまとめて下にお団子をつくっても、ストレートヘアにすぽっとベレーを被るのも◎。

知りたい♡
shucoさんが実際に使っているアイテム

shucoさんが日頃から愛用しているヘアケアグッズを特別にお伺いしました!
「※POP-UP取り扱い予定」と書かれたアイテムは、オーバーライド 神宮前・南堀江で開催するshucoさんのアクセサリーブランド「TRESSE(トレス)」POP-UP STOREにて販売予定です!
POP-UP STOREについて詳しくはこちらの関連記事をご覧ください。

(関連記事)セルフケアシリーズ「MINAMO」スタート!第1弾はヘアスタイリストshucoさん監修のナイトキャップ

・頭皮環境を整えるアイテム

(左から)
ウェレダのローズマリー スカルプクレンジング

※POP-UP取り扱い予定
「1本でクレンジング、シャンプー、トリートメントができる3in1。しっかりとしたトリートメント効果があります。使用頻度の目安は週1、2回ですが、暑い日は毎日使っちゃう!」

アーバンアーユルベーダのビロードオイル

「クレンジングのように使える美容オイルです。髪を洗う前に頭皮に馴染ませてクレンジング。つけたままタオルを巻いて寝ても、じわじわ保湿しながら汚れを取ってくれます。とにかく香りがすごく良い!使った後に残る香りで、ケアタイム以外も心地いい気分に」

アクティバートのSC スカルプローション

「頭皮の栄養です。保湿効果や抗酸化作用が期待できて、代謝も高めてくれます。乾いた状態の頭皮につけて、ブラシでマッサージすると良いです。育毛中の方にもおすすめ。クレンジングした後に組み合わせると、さらに効果がアップ」

・血行を良くしておくために欠かせないブラシ類

(左から)
KOBAKOのヘアスムースブラシ

※POP-UP取り扱い予定
「小さくて簡単な作りなのに、しっかり頭皮に当たってマッサージ効果も感じられます。移動するときの持ち運び用に使っています」

Ukaのケンザン

※POP-UP取り扱い予定
「2個使いで、両手で効率よくマッサージしながらシャンプーするのが好き。使うことで汚れも取れやすくなるし、血行をよくしてくれます。あと、単純に気持ちがいい&手でやるよりも楽」

ラブクロムのコーム

「お風呂の中で使えるさびないコームです。スポーツカーを作っていたメーカーの工業技術を活かしてして作ったこのコームは、髪のダメージの原因になる静電気を極力抑えてくれるという優れもの。シャンプー後の髪をとかしたり、トリートメントを行き渡らせたりしています。髪を巻いたあと崩すのにも便利。細かい毛がフワフワせず仕上がりもいい感じ」

アッカカッパのブラシ

「他で見かけない歯の形。たくさん種類がありますが、これはいちばん柔らかいソフトなもの。クッション性もあって。頭皮を痛めないですが、しっかり髪の中に入ってブラッシングしやすいのが◎。朝起きたとき、髪を洗う前に使っています」

・スタイリングに使えるアイテム

(左から)
Ukaのマルチデイリーセラム

※POP-UP取り扱い予定
「ヘアクリーム兼、美容液です。オイルでベタっとさせたくないときや、軽くしっとりさせたいときにちょうどいい。ノンシリコンなのでボリュームが出やすく、重たくしたくない日にもぴったりです」

ジョバンニのシャイニーヘアワックス

※POP-UP取り扱い予定
「バームなのですが、使うときに手のひらの温度で少し溶けて、オイルのようなテクスチャーに変わります。フィックス効果はそこまでないけれど、オイルよりも硬めなので、束感を作ったり、毛先の質感、動きを出したりしたいときにコントロールしやすいです。顔周りの髪にニュアンスを出したいときにも」

ジョンマスターのスリーキング スティック

「マスカラタイプの、浮いてしまうアホ毛を抑えてくれるアイテム。まとめ髪の後れ毛を直すのにも優れています。小さい毛がホワホワ出ていると疲れて見えてしまったりしますよね。清潔感、きちんとしている印象をつくってくれるので、持ち運びにもいいです」

最後に
shucoさんから皆さんにひとこと

帽子なら被ったり脱いだり、髪なら結ったりほどいたり…どちらもパッと印象を変えられて、簡単に遊べるパーツ。新しい髪型も、新しい帽子も、臆することなく純粋に楽しんでみて欲しいなと思います。大きな変化でなくとも、例えば分け目をずらすだけでも気分転換になるかもしれません。この頃はおうちで過ごす時間も多いので、ちょっとした挑戦もしやすいはず。帽子もヘアアレンジも、もちろんケアも、いろいろトライして、ご自身の変化を楽しんでみてくださいね。

 

※記事内の他社製品に関するshucoさんのコメントは、すべてご本人の個人的見解となります。また、ナイトキャップ以外のアイテムはすべて私物です。
※商品のお取り扱いについて、詳しくは各店舗までお問い合わせください。Shop List>>

Words: Mai Otsuki Photos: KOBA Edit: Misaki Yamaguchi , Haruna Kato