Journal

- Column

『帽子のオアオア物語』 Vol.1 帽子力の話

『帽子のオアオア物語』 Vol.1 帽子力の話

帽子には力があります。帽子をかぶると、元気が出ます。これもまた、「帽子力」でしょう。

では、どうして帽子を頭にいただくと、元気になるのか。胸を張るから。背筋がピンと伸びるから。背筋がピンと伸びると元気になるのは、当然でしょう。

むかし、フランスに、サン・サーンスという作曲家がいました。『6つのフーガ』などは、よく知られているところでしょうね。

サン・サーンスもまた神童で。二歳でピアノを弾き、三歳で作曲。六歳で、交響曲というのですから、怖るべき音楽家であります。

そのサン・サーンスの晩年の話なのですが。ある時、巴里の、マドレエヌ寺院に近い、「デュラン」に出かけた。「デュラン」は、有名な音楽出版社。

サン・サーンスは、「デュラン」を出るとき、帽子を間違えた。偶然、ダリウス・ミヨーの帽子と。ダリウス・ミヨーも、若き音楽家でありました。

たぶん、同じような、黒のソフト帽だったのでしょうね。

それからというもの、サン・サーンスの頭の中に、ダリウス・ミヨーの音楽が鳴りはじめて。

結局、元通り、帽子を交換して、音楽は鳴りやんだという。ウソみたいなほんとうの話。

團伊玖磨著『なお パイプのけむり』に出ている話なのですが。

出石尚三

出石尚三

服飾評論家、ファッション・エッセイスト。国際服飾学会会員。主にメンズ・ファッションの記事を執筆。著書も多数。60年代にファッション・デザイナー・小林秀夫の弟子となったのが、メンズ・ファッションの道に入った最初。幼少期からお洒落好き。好きな作家はサマセット・モーム。好きな画家はロートレック。好きな音楽家はショパン。好きな花は薔薇(ばら)。好きな色はピンク。好きな言葉は「夢」「希望」「愛」。昔の服からふっと新しいアイデアを頂くこともある。