Journal

- Column

『帽子のオアオア物語』Vol.18 モーガン・ファー・キャップ

『帽子のオアオア物語』Vol.18 モーガン・ファー・キャップ

まずはじめに申し上げますが、「モーガン」Morg an は英国車の名前です。

「モーガン」と銘柄の帽子があるわけではありません。

では、どうして「モーガン・ファー・キャップ」なのか。ここから話がはじまるのであります。

モーガンは英国車なのですが、基本的に手作業で仕上げられます。今日の大量生産の、流れ作業の自動車とはほぼ正反対の車といってよいでしょう。

たとえば、「モーガン・プラス4」だとか、「モーガン・プラス6」だとか。

はじめて「モーガン」を見た人は、「あっ、クラッシック・カーだ」と思うでしょう。仮にピカピカの新車であっても。

1930年代からモデル・チエンジをほとんどしていないのですから、当然でもあるでしょう。

以前、ミック・ジャガーや、ブルジッド・バルドオが愛車にしていました。まあ、奇人変人にふさわしい車でもあるでしょう。

このモーガンを四十七歳で買ったのが、作家の森 瑤子。それも免許取り立てで。

モーガンはすべて手動で、少なくとも、免許を取ってすぐに買う車ではありません。

これ一つとっても、森 瑤子は奇人変人の資格ありそうです。

森 瑤子はモーガンを運転するのに、黒の毛皮帽をかぶったそうですね。それで、「モーガン・ファー・キャップ」となるわけですが。

たしかに森 瑤子は日本での数少ない「ハット・ドレッサー」でもありました。外出にはまず例外なく、帽子を。

帽子を上手にかぶることは、「正装感」を高めるなによりも秘法なのです。

帽子のかぶり方は、モーガンの運転に似ていると思います。

モーガンは充分にエンジンを温めてから、ギアを入れる。それもダブル・クラッチで、ゆっくりと。

モーガンにはモーガンのコツがあるように、帽子には帽子のコツがあります。

やはり新しい帽子の前には、空想を凝らさないといけません。

「イメージ・トレイニング」とでもいえば良いでしょうか。このイメージ・トレイニングによって、さらなる愛着が生まれるものですから。

さあ。森 瑤子がモーガンを走らせたように、帽子をかぶってみようではありませんか。

出石尚三

出石尚三

服飾評論家、ファッション・エッセイスト。国際服飾学会会員。主にメンズ・ファッションの記事を執筆。著書も多数。60年代にファッション・デザイナー・小林秀夫の弟子となったのが、メンズ・ファッションの道に入った最初。幼少期からお洒落好き。好きな作家はサマセット・モーム。好きな画家はロートレック。好きな音楽家はショパン。好きな花は薔薇(ばら)。好きな色はピンク。好きな言葉は「夢」「希望」「愛」。昔の服からふっと新しいアイデアを頂くこともある。