Journal

- Column

『帽子のオアオア物語』Vol.5 手作り帽子の物語

『帽子のオアオア物語』Vol.5 手作り帽子の物語

「紳士」はもう古くなってしまった言葉なのでしょうか。私などは今でも「紳士」に憧れるほうの人間なのですが。

もしも、ほんの少しでも「紳士」に興味がおありでしたなら。あるいはもっと積極的に「紳士」になりたいなら、ソフト・ハットをかぶることです。

れっきとしたソフト・ハットを、れっきとかぶって、「紳士」でないふりをするのは、難しい。「紳士帽」とはなんとまあ良くできた言葉だろうと、感心する瞬間であります。

少なくとも、スーツを着て、ネクタイを結んだなら、ソフト・ハットをかぶりましょう。ソフト・ハットとは、「中折れ帽」のことに他なりません。

とにかくスーツの着こなしは中折れをかぶってこそ完成するのですから。


「ライトグレーの手作りの中折れ帽子を目深にかぶり………………」


ジェラルド・ポスナーが、1989年に発表した『陰謀のKー7』の一節に、そのように出ています。

これは英国の秘密諜報部員の姿。1989年頃でもやはり、ソフト・ハットをかぶっているのですね。

とにかく秘密諜報部員は怪しまれてはいけない職業ですからね。「紳士」であるに越したことはない。

ところで、「手作りの中折れ帽子」とは、なんでしょうか。まあ、ひとつには、高級帽子であることを、強調したかったのでしょう。

すでにご存じのようにソフト帽は、「型入れ」によって完成します。しかしさらに、名人が最後の「ひと撫で」したかのような帽子なのでしょう。

このように推理しはじめると、帽子の奥も深いものがありますねえ。

出石尚三

出石尚三

服飾評論家、ファッション・エッセイスト。国際服飾学会会員。主にメンズ・ファッションの記事を執筆。著書も多数。60年代にファッション・デザイナー・小林秀夫の弟子となったのが、メンズ・ファッションの道に入った最初。幼少期からお洒落好き。好きな作家はサマセット・モーム。好きな画家はロートレック。好きな音楽家はショパン。好きな花は薔薇(ばら)。好きな色はピンク。好きな言葉は「夢」「希望」「愛」。昔の服からふっと新しいアイデアを頂くこともある。