Journal

- Column

『帽子のオアオア物語』Vol.6 みんなで制帽を

『帽子のオアオア物語』Vol.6 みんなで制帽を

明治十六年『東京繪入新聞』十月二十三日に、「ナポレオン帽」の話が出ています。

明治十六年は、西暦の1883年で、今からざっと150年ほど前のことになるのですが。

明治十六年頃には、警察官のことを「巡査」と呼んだんだそうですね。この「巡査」の制帽を新しく変えようという記事が出ています。その新しい制帽は、「ナポレオン型」だと。ナポレオン帽は分かりますよね。あのナポレオン・ボナパルトがかぶっている帽子。

帽子用語では、「ビコルヌ」と言います。あるいは、「バイコーン」。つまり「角がふたつある帽子」という意味なんですね。

日本語では、「大礼帽」と呼ばれた時代もあります。大礼服の上にかぶった帽子なので。

「ナポレオン帽」はさておき、制帽は美しいものです。その点では、ブレイザーにも似ているでしょう。やはり「お揃い」は美しいものであります。

恋人同士が同じ帽子をかぶっていても、いちばんちいさな「お揃い」ではないでしょうか。

夫婦がいて、子どもが二人。みんな同じキャスケットをかぶっていたら、注目の的でしょう。

帽子はひとりでかぶると決めつけないで、「お揃い帽」の気持を持とうではありませんか。

出石尚三

出石尚三

服飾評論家、ファッション・エッセイスト。国際服飾学会会員。主にメンズ・ファッションの記事を執筆。著書も多数。60年代にファッション・デザイナー・小林秀夫の弟子となったのが、メンズ・ファッションの道に入った最初。幼少期からお洒落好き。好きな作家はサマセット・モーム。好きな画家はロートレック。好きな音楽家はショパン。好きな花は薔薇(ばら)。好きな色はピンク。好きな言葉は「夢」「希望」「愛」。昔の服からふっと新しいアイデアを頂くこともある。