Journal

- Event

考えよう。地球のためにできること。- Hats for Green Project

考えよう。地球のためにできること。- Hats for Green Project

8月10日は、8と10を「ハット」と読んで「帽子の日」。
帽子を被る機会が増えるこの時期。帽子が好きな人もそうでない人も、帽子をかぶって毎日をもっと楽しく、快適に過ごしてほしい。そんな想いを込めて、オーバーライドは毎年「帽子の日」に合わせたさまざまな取り組みを行っています。

今年のスローガンは「考えよう。地球のためにできること」。Hats for Green Projectと称して、お客様と一緒にサステナビリティについて考えます。

サステナビリティとは
サステナビリティ(直訳:持続可能性)とは、環境・社会・経済の3つの観点からこの世の中を持続可能にしていくという考え方のこと。
「持続可能な社会」とは、地球環境が適切に守られ、これから生まれてくる世代の人たちが必要とするものを損なうことなく、いまの世代の人たちの要求を満たすような開発が行われている社会を指します。

帽子店ができるサステナビリティのひとつが、環境への配慮を忘れないこと。いきなりすべてを変えるのではなく、まずはできることから。お客様、スタッフ、ブランドに関わるみんなが環境について考えるきっかけをつくります。

Hats for Green Project

実施内容

1.不要な紙袋の使用を減らそう

<店舗>
ショッピングバッグご不要の旨をお申し出いただいたお客様1名につき10円を、森林保全団体 more trees に寄付させていただきます。さらに、KURIHARAメンバーズカード対象店舗に限り10Pをプレゼント。
KURIAHRAメンバーズカードについて>>

<オンラインストア>
ご購入の際に、下記クーポンコードを入力いただいたお客様1名(1オーダー)につき10円をmore treesに寄付させていただきます。さらに、意思表示のお礼としてお会計から10円をOFF。
【クーポンコード:2020hatday】
オンラインストアを見る>>

more treesとは
more trees(モア・トゥリーズ)は、音楽家・坂本龍一氏が代表を務める森林保全団体です。森と人がずっとともに生きる社会を目指し、「都市と森をつなぐ」をキーワードにさまざまな取り組みを行っています。
more trees × ㈱栗原の対談を見る>>

2.帽子を長く使おう

商品をお買い上げのお客様へ、帽子を長くご愛用いただくためのケア方法をまとめた、オリジナルの「Hat Care Book」を差し上げます。※店舗のみで実施

期間

2020年8月6日(木)~8月30日(土)
※オーバーライド オンラインストアのみ8月20日(木)まで

対象店舗

下記の帽子ブランド直営店舗にて、合同で実施いたします。
OVERRIDE Shop List>>
OVERRIDE ONLINE STORE Web Site>>
Chapeau d’ O Web Site>>
カオリノモリ Web Site>>
Kangol Headwear Web Site>>
Hat Homes Shop List>>
Headstar Shop Detail>>

他にも、オーバーライドでは2020秋冬コレクションから、環境に配慮した素材の積極的な使用に取り組んでいます。
特集はこちら>>

わたしたちは、まだサステナビリティの取り組みを始めたばかり。何かした方が良いとは思うけれど、どんなことをすればいいのか分からない。そんなあなたも、気軽にできる取り組みから一緒に始めてみませんか。