Journal

- Column

『帽子のオアオア物語』Vol.11 セイラー・キャップの話

『帽子のオアオア物語』Vol.11 セイラー・キャップの話

セイラー・キャップといえばいいのか、ヨット・キャップといえばいいのか。

また、マリン・キャップともキャプテン・キャップとも言います。前庇のついた船乗りにふさわしい帽子のことです。

これだけ名前が多いのは、それだけ愛されているからに他なりません。事実、マリン・キャップは、応用範囲の広いものであります。私は、旅に出るにはたいてい、ヨット・キャップを携えることにしているのです。

キャプテン・キャップなら、たいていの上着やコートに合わせられるからです。

多少の雨風なら、傘がなくても平気ですし。

セイラー s a il or は、セイル s a il と関係があるのでしょう。セイルは、「帆」ですから、帆船の時代からすでにセイラー・キャップはあったのかも知れません。

今の船はたいていエンジンが原動力ですから、セイラー・キャップとは無関係。そんな屁理屈を並べても仕方ありません。

伝統は伝統で、今なお、船長にはキャプテン・キャップが似合うことになっています。


「サージの上着にフラノの白ズボン。水夫帽をかぶった男が、下船する男たちをいちいちながめていたが………………………」。


1931年に、ディクスン・カーが発表した『髑髏城』に、そんな一節が出てきます。

これは物語の語り手、ジェフリー・マールを、港まで出迎えに来た男の様子。

場所は、ベルギーになっています。少なくとも、1930年頃のベルギーでは、セイラー・キャップが珍しくなかったことが分かるでしょう。

セイラー・キャップも多くの帽子と同じく、思い切って傾けるのが、コツのコツであります。

出石尚三

出石尚三

服飾評論家、ファッション・エッセイスト。国際服飾学会会員。主にメンズ・ファッションの記事を執筆。著書も多数。60年代にファッション・デザイナー・小林秀夫の弟子となったのが、メンズ・ファッションの道に入った最初。幼少期からお洒落好き。好きな作家はサマセット・モーム。好きな画家はロートレック。好きな音楽家はショパン。好きな花は薔薇(ばら)。好きな色はピンク。好きな言葉は「夢」「希望」「愛」。昔の服からふっと新しいアイデアを頂くこともある。