サウナハットとは?その目的と機能、帽子専門店のサウナハットを紹介|OVERRIDE
Journal

- Item

帽子専門店が考えた、これまでにないサウナハットとは?

帽子専門店が考えた、これまでにないサウナハットとは?

空前のサウナブームとも言われる今、サウナ愛好家(通称サウナー)に人気の温浴施設で目にする機会が増えている「サウナハット」。サウナで帽子?と思う方にもぜひおすすめしたいサウナハットの魅力と、帽子専門店オーバーライドが本気で考えたサウナハットをご紹介します。

<目次>
サウナハットをかぶる理由
サウナハットのデメリット
これまでにない、高機能サウナハット

サウナハットをかぶる理由

その名の通りサウナ室の中でかぶる帽子、サウナハットは、日常的にサウナに入る北欧やロシアなどでは一般的なアイテム。その目的は「頭部と髪を守る」「のぼせを防ぐ」の2つあります。

①髪を守る

サウナ室は非常に高温で、ロウリュなどを除き基本的に乾燥しているため、髪に含まれる水分が抜けてダメージを受け、パサパサになってしまうことも。そのため、頭をサウナハットですっぽりと覆うことで髪を守ります。

②のぼせを防ぐ

高温の室内で長時間熱さに耐えるサウナ。体を温めるのが目的ですが、同時にのぼせてしまい頭がクラクラするのは良い状態ではありません。頭部を熱から守るサウナハットは、のぼせ防止にも活躍します。

熱から頭を守るためにかぶるサウナハットは、断熱性が重要。その目的と、北欧やロシアで使われてきたものということもあり、ほとんどが100%ウールフェルト素材で作られています。
断熱性と保温効果が高いウールフェルト素材で作られたサウナハットは、長く快適にサウナを楽しみたいサウナーたちの強い味方です。

サウナハットのデメリット

しかし、これまでのサウナハットにはひとつ難点がありました。それが、水に弱いこと。
たくさんの汗をかくサウナ。そこで使ったサウナハットはできれば洗って清潔に使いたいもの。しかし、ウールフェルト素材の帽子をうっかり洗濯機で洗うと、型崩れや縮みを起こしてお気に入りのサウナハットが台無しに、なんてことも。
気軽に洗えるようにタオル地で作られたサウナハットもありますが、ウールフェルトほどの断熱性は期待できません。

これまでにない、高機能サウナハット

伝統的なサウナハットの機能はそのままにデメリットを解消し、気兼ねなく普段使いしたくなるものはできないか。そう考え作られたのがこちら。

OVERRIDE PADDED SAUNA HAT
No.808-190208 ¥4,400(税込)
オンラインストアで見る>>

高機能中綿を内蔵することで、一般的なウールフェルト素材のサウナハットに負けない高い断熱性を持ちながら、縮みや色落ち、型崩れしにくくマシンウォッシュが可能。洗濯後の乾きも早いので毎日清潔にお使いいただけます。さらに、非常に軽量で小さく折りたためるので携帯にも便利。

「特殊部隊用の装備としてサウナに入るためだけに開発したサウナハットがあったら」という着想から設計したこのサウナハットは、これまでにはない機能とデザインを持つ革新的なアイテム。
普段使いできるデザインなので、寒い日であれば防寒用の帽子として家から被ってサウナへ行き、そのままサウナ室で使用するのもおすすめです。

さらに、春夏用のサウナハットも。

OVERRIDE UTILITY SAUNA HAT
カラー展開:BLACK、OLIVE、BEIGE
No.815-790501 ¥4,950(税込)
オンラインストアで見る>>

水風呂の冷水を利用し、濡らして使える春夏用サウナハット。洗濯堅牢度が高いスレン染で染めた綿ポプリンを使用しており、エイジングが楽しめます。ミリタリーのビンテージアイテムのようにボロボロになるまで使ってもクールです。こちらも断熱材として高機能中綿を内蔵しています。
サウナハットらしからぬデザイン性の高さで、サウナへ向かう道のりではもちろん、その予定が無い日でも被っていただけます。

サウナハットを被ることで、のぼせるのが苦手だった方もサウナが好きになったなんて話も。サウナーの皆さまも、そうでない方も、サウナハットを被って快適にサウナ活動をお楽しみください。

(2021年4月19日更新)
OVERRIDE×NF サウナハット発売が決定!詳しくはこちら>>