Journal

- Column

『帽子のオアオア物語』Vol.16 ピンク・ハットの話

『帽子のオアオア物語』Vol.16 ピンク・ハットの話

帽子と色は、密接な関係にあります。

たとえば、「グリーン・ベレー」。グリーン・ベレーというと、どうしても特殊部隊を連想してしまうところがあります。

あるいはまた、「ブラウン・ダービー」。「ダービー」はご存じのように、アメリカ英語。日本で「山高帽」、イギリスで「ボウラー」と呼ぶものを、アメリカでは「ダービー」となります。

アメリカでの「ブラウン・ダービー」には、「粋な遊び人」の意味もあるのです。これはまた、ハリウッドの、高級レストランの名前でも。

しかし、ブラウン・ダービーがどうして「粋な遊び人」の意味になるのか。十九世紀末、競馬場に通う紳士たちがよくかぶっていたからなんですね。

というよりも、当時、週末に、郊外の、競馬場に行くには最適の帽子だと、考えられていたのであります。

1920年に、イギリスの作家、D・H・ロレンスが発表した小説に、『恋する女たち』があります。この中に。

「………ピンクのストッキングをはき、黒とピンクと黄の飾りを帽子のへりにつけ、そのへりを少し垂らしていた。」

そんな文章があります。

これは「グドルーン」という女性の着こなし。文中、「へり」と訳されている部分は、ブリムのことなのでしょう。

私はここから、「ピンク・ハット」を想像したのですが。

ピンク・ハットは、それをかぶる女心を、明るくしてくれます。帽子の色と、心模様もまた無関係ではないのです。明るい気分になりたい時には、ピンク・ハットをかぶってみましょう。

出石尚三

出石尚三

服飾評論家、ファッション・エッセイスト。国際服飾学会会員。主にメンズ・ファッションの記事を執筆。著書も多数。60年代にファッション・デザイナー・小林秀夫の弟子となったのが、メンズ・ファッションの道に入った最初。幼少期からお洒落好き。好きな作家はサマセット・モーム。好きな画家はロートレック。好きな音楽家はショパン。好きな花は薔薇(ばら)。好きな色はピンク。好きな言葉は「夢」「希望」「愛」。昔の服からふっと新しいアイデアを頂くこともある。